Q&A

Q:「くじ」の当たり商品は同じものが入っていますか?

A:当物を作るメーカーは、当たりに数量が限定された特価品のおもちゃを使うため、そのロット数(生産単位)ごとに当たりの商品が違ってきます。
そのため、「以前に買った当たりが良かったので、同じ商品が欲しい」とご注文を受けても、同じ当たり商品の入手は困難です。
「この当たり商品はいい!」と思われた場合、その場で商品の確保が望ましいでしょう。 例えば、キティ当てやドラえもん当てのキャラクター商品も、当たりの商品が異なったりします。あらかじめご了承ください。

Q:「くじ」にはどんなものがありますか?

A:台紙の数字合わせ当て(くじ)は、外から当たりなど商品が見えますが、箱型(宝箱:上からその箱の部分を開けるくじ。
つかみどり:立方体の箱から袋やプラスチックの卵型の容器を取り出す)ものには、そのスペースに入れられる範囲の商品が入っています。
また、その当物(くじ)によっては、当たりとしてデジタル時計などが入っていることもありますが、1回¥50引きの商品なら¥50程度の商品、1回¥100引きの商品なら¥100程度の商品が入っています。
その意味では、当たりはずれのない当物(くじ)と言えるでしょう。
通常、台紙の数字合わせくじのくじ紙は、その台紙の裏に入れてあります。商品の到着後、必ずご確認ください。

Q:「くじ」の配列について教えてください。

A:通常、数字合わせのくじ紙は、左上が1番目で、右に2~10番、次の列(段)が11~20番などと並んでいます。
当たり具合の調整が必要な場合、台紙の当たり番号とくじ紙の当たり番号を見て、事前に抜いておき、適当な時に当たり番号を入れてください。
ただし、お祭りなど忙しい状況では、後で入れることができませんので、最初から細工(調整)などを行わないほうが賢明です。

Q:「イルミネーション」の飾りつけについて教えてください。

A:先ずご購入前に、目的など、飾りつけのイメージをしっかり計画してからが望ましいと言えます。
12月になると処分品が販売されることもありますが、理想の購入時期は、本格シーズンが始まる前、メーカー側との交渉が容易なため、秋口(9月中旬~10月中旬)頃です。
初めて飾りつけを行われる方は、3万円程度の予算で始められるといいかと思います。
その積み重ねによって、毎年が充実した飾りつけになることでしょう。 電球によっては、点灯しない場合もあるかと思いますので、飾る前に必ずご確認ください。
また、室外(屋外)にコンセントがない場合、エアコン・ダクトの隙間から通すこともできます。
設置場所を問わず、タイマーを使用すれば、電気代の節約にも役立ちます。

Q:イルミネーションを上手に撮影したいのですが。

A:先ず、三脚などを使って手ぶれしない工夫が必要でしょう。
ホワイトバランスと露出を(+)に設定し、フラッシュの発光なしで撮影することをお奨めします。
また、イルミネーションを背景にして人物などを撮影する場合、夜間撮影モードなどで、フラッシュを遅めに強制発光させると、人物もくっきり撮影することができるでしょう。